現在、地球規模で猛威をふるう「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」を前に、私たちはいかに地球規模の感染症を克服するか真価が問われています。NPO 法人地域診療情報連携協議会(群馬県前橋市、理事長:瀧澤清美)は、COVID-19の感染拡大を防ぐことが市民に課された使命であると考えています。

群馬大学名誉教授 酒巻哲夫

2020年10月9日(金)
NHK群馬 18:45から放送「ほっと群馬630」
新型コロナ対策
体調管理できる新アプリ開発

理事長 瀧澤清美

新型コロナウイルスと共存していくためには、個人が感染症に「うつらない」「うつさない」行動が重要になってきます。その為のシステムを誰でもが無料で使えるウェブアプリとしてリリースいたしました。

発熱パスポート(無償)

下のQRコードをスマートフォンで読み込むか、QRコードをクリックしてサインインから新規登録をしてご利用ください。(メールアドレスを持っている方はどなたでもご利用できます。)

操作マニュアル

一覧へ お知らせ

2020/10/08
新型コロナなどの感染症拡大抑制のためのウェブシステム『発熱パスポート』のモニターを募集します。
2020/10/09
平熱管理で新型コロナのリスク可視化 前橋のNPOがシステム開発
2020/10/17
28言語に対応の健康管理ツール
2021/02/08
ぐんま630のビデオから一部をまとめました